高齢者の方だけの話じゃない若い世代にも増えてきている歯周病

童心に返って歯磨きの仕方思い出そう

一番大事な予防方法

では、プラークを取り除くにはどうすればいいのでしょうか。
やはり、一番はちゃんと歯磨きをすることです。
プラークは時間がたてば、固くなり歯石となります。
歯石となってしまえば、歯ブラシでは絶対に取れません。
歯医者さんへ行って超音波の振動を与えて壊して取ってもらうしかなくなるのです。
そうなる前にご自身で出来る事といえば、歯磨きしかないのです。

でも、実はちゃんとした歯磨きの仕方って幼い頃に習ったような、習ってないようなというくらいの記憶しかないという方も多いのではないでしょうか。

歯並びが百人いれば百通りあるように、歯磨きの仕方もその人によって、どのように磨くのが効果的なのかというのが実際あるようですから、一度機会があれば、歯医者さんへ行って可能であれば衛生士さんの指導を受けてみるのもいいかもしれません。

歯ブラシの種類は何がいい

最近、電動歯ブラシを使っているからちゃんと歯磨き出来ているとおっしゃる方も多いそうですが、やっぱり中にはちゃんと磨けていなくて歯周病が進行している方も少なくないそうです。

電動歯ブラシも量販店や電気屋さんで見たことのある方はご存知かもしれませんが、値段の高いものから安いもの、デザインもメーカーもものすごくたくさんあって一体何がいいのか分からないですよね。

でも、これは私一個人の話として聞いていただきたいのですが、自分の手で出来ないものは電動でも出来ないと思うのです。

歯ブラシを使って上手に磨ける方が電動歯ブラシで磨けば力加減などが均等になり、もっとキレイに歯にも負担なく磨けるようになると思うのですが、歯ブラシを使って磨けなければ、電動を使っても磨けないものは磨けないと思うのです。

やはり、一番大事なのはご自身の手でちゃんと歯磨き出来るようになることなのではないでしょうか。


このPostをシェアする