高齢者の方だけの話じゃない若い世代にも増えてきている歯周病

歯周病ってよく耳にはするけどどのようなもの

歯周病ってなんだろう

まず歯周病という名前は聞いたことがあるかもしれませんが、とりあえず口の中の病気なのかなという想像はつくものの、口の中がどのような状態になれば歯周病と呼ばれるのでしょうか。
まずは、歯周病というものがどのようなものなのかを調べていきましょう。

歯周病とは簡単に言えば歯周組織全体の疾患の総称です。
それもまた、歯周組織と言われてもピンとこないものですよね。
いわば、歯のまわりの組織の事で、よく歯茎と呼ばれる歯肉や、歯を支えている歯槽骨と呼ばれる骨などの疾患を総称して歯周病と呼ばれています。

昔は歯槽膿漏と呼ばれて、歯肉から出血、膿が出てくる症状をともなって次第に歯がグラグラしてきて抜けてしまうというのが代表的な症状でしたが、最近ではその前の段階の少し歯肉が腫れてきているという状態の歯肉炎でも軽度の歯周病と呼ばれています。

歯周病の一番の原因とは

では、歯周病の原因とは一体どのような事が原因なのでしょうか。
歯周病の原因と言われれば、それはプラークと呼ばれる歯垢(しこう)です。

プラークはよく食べ物の残りカスと誤解されがちなのですが、全然違うものです。
プラークは歯の表面にこべりついた乳白色のドロッとしたもので、この中にはたくさんの種類の細菌が増殖していっているのです。
バイオフィルムとも呼ばれ、特に歯周病を引き起こす細菌は空気を嫌う細菌が多く空気の少ないところに向かって増殖を繰り返していきます。
それが、歯と歯肉の境目にある歯周ポケットの中となり、ここが深ければ深いほど奥底の方まで細菌が入り込んでいき、歯周組織を破壊していくのです。
ですから、そうなる前にプラークを除去することが大事となってくるのです。


このPostをシェアする